Salon IMILIA のブログ

サロンイミリアでは、“幸せは心の内から”をコンセプトに、自分で自分を幸せにするヒントを発信しています。癒しの写真と共にお楽しみ下さい。

不安なときは今に集中

こんばんはTomoyomiです(*^^)

 

みなさま週末はいかがお過ごしでしたか?

私は2泊3日の飛騨から戻りました。

でもまだ2日間休みです(*^^*)うちち💖

 

さて、飛騨は本当にミラクルな旅に

なりました。そもそも飛騨の旅は、

ひとりの女友達がジャズフェスティバル

に行くけど行く人~!って感じで

投げかけたことがきっかけでした

結局6人で行きました

 

友だちはみんなスピリチュアルに

全く興味のない人ばかりなので、

私もサードアイを無意識に?

閉じてたのですか、、、

 

二日目の朝のカードで

“直感に耳を傾けなさい”

と出たので、

“あ、、私みんなから変に思われる

のが怖くて、閉じてたんだ、、”

って気づき、二日目からは少し

開くようにしました

 

1日目は飛騨古川の里山サイクリングを

したのですがこれがもう最高でした
f:id:salonimilia:20180527221912j:image

 

阿蘇に行ったときを思い出しました

四方八方とにかく緑が深くて

宇宙的なエネルギーというか

体の重さを感じられないほど

自分自身波動が上がった感じでした

 

地球の創造主の愛をしっかり感じられる

そんな場所でした

f:id:salonimilia:20180527231619j:plain

 

2日目の夕方以降はジャズフェスティバルへ

開催場所の「飛騨の里」は、今や

観光客でごった返す白川郷より

ゆっくりありのままの自然と

建物の歴史を感じられる場所かも知れません

f:id:salonimilia:20180527231803j:plain

 

 

時間の経過につれ変わっていく景色も

とても味わい深かったです
f:id:salonimilia:20180527222628j:image


f:id:salonimilia:20180527222645j:image

 

これくらい日が暮れたころ

神社ステージへ移動しました

(色んなステージがありました)

 

夜の神社かぁ、、とあまり乗り気でなかった

のですが、みんなについていきました

 

ステージ前に着いたとき、バンドさんの

音合わせがなかなか上手く行ってなくて

あぁ、こりゃ神さまと相性が悪いな

と思いまして(^^;)

予定時間も大分過ぎてたし

音合わせが上手くいきそうになかったし、

何より大勢の人が待ってて、、

 

…神さまに話しかけました

あの、、とても寒いですし

大勢の人が待ってますし

あと、高音が響いて耳が痛いので

良い感じで始められるように

してもらえませんか、、と笑

 

で、その流れで神さまとつながってました

 

神さまはまずはじめに

“私はここの土地を守っている”と仰いました

 

なるほど。本当に美しい場所ですね、と。

でもこんなに人が集まるなんて

嬉しいんじゃありませんか?

きっと普段は閑散としてるでしょうに。

と言ったら、そ、そうか?と

なんか隠してもにじみ出てますけど

喜びが…(。・・。)

それもそのはず、後で調べたら、

ここのご祭神のメインはアマノウズメさん

芸能の女神さんでした

そう、天岩戸開きのときに踊った…

サバサバしてて男性の神さまかと

感じてたのですが。。

 

なんか話ができて嬉しかったのか

いつもお守りを持ち歩いてるので

ご縁があったからなのか

願いはなにかあるか、と聞かれました

私はいつも新月と満月に

宇宙に願いを伝えてあるので

大きなことは何もなくて。

 

先ず思いついたのは、

会社員の退職が迫ってきて

嬉しいと同時にやはり心のどこかで

金銭的な不安は拭いきれない

時があるんですね

不安は豊かさを拒む要因になるので

その不安をリリースしたいんですが、と

相談しました

 

すると、“いま目の前にあることを

ひとつひとつやりなさい”と。

そうだ、そうだった(^^;)

改めて気づかせて下さいました

そしたら不安がすうっとどこかへ

 

で、もう一つお願いしました

 

その夜、宿がみんなバラバラだったのです

が、私は温泉に入りたかったので温泉宿を

予約してたんですよ。

ただ、温泉が夜10時半までで。。

 

今回最初に誘ってくれた友だちが

夜10時位までジャズ会場に居たいって

話してたから、私もそのつもりで

お風呂は朝にしようと諦めてました

(車の事情とか諸々あり、みんなで

行動しなくちゃ行けなかったので)

 

でも体が冷えてきたし疲れたのもあり

宿に帰ってお風呂入りたいかもって

少し思い、、

この神社ステージの時点で

9時過ぎてた気がするので

さすがに無理なお願いですよねー

なんて話してました

 

そしたらひとりの友だちが

頭痛いから宿に帰りたい、と。

その子は妊婦さんで私と同じ宿だったので

さすがにみんな出ることになりました

 

そしてなんと、宿に9時半過ぎに着き

1時間温泉に入ることができました。。

 

なんと。。

 

“神の可能性は無限だ

そして神の子である人間の可能性も然り

それを信じるように”

そう言われた気がしました

 

ありがたい体験に

心から感謝しました

飛騨へ行く機会があったら

ぜひ肝っ玉の神さまへ

会いに行ってみて下さいネ( ^^)/